JAPAN TECH CES

SKIPSKIP

  • J
  • A
  • P
  • A
  • N
  • T
  • E
  • C
  • H
  • P
  • R
  • O
  • J
  • E
  • C
  • T

CES

EXHIBIT

出展企業・製品 出展企業・製品

  • 株式会社 All You Need Is

    ヒガトレック

    ヒガトレック

    ヒガトレックは電子制御により稼働するIoT多機能筋力トレーニングマシンです。コンピュータ制御されたモーターを使用して科学的根拠に基づいてインテリジェントに負荷を生み出す独自のシステムを持っています。専用アプリを使用することでトレーニングメニューの設定も自分の詳細なトレーニングデータの保存も可能です。

  • 国立大学法人
    奈良先端科学技術大学院大学

    植物生体情報計測用無線
    リアルタイムモニタリングシステム 他

    植物生体情報計測用無線アルタイムモニタリングシステム 他

    生きた植物における「定量的な生理活性情報」と「栽培エリアの生育情報」をリアルタイムに取得することが可能なモニタリング技術を開発している。無線化技術により収集した生育情報をクラウド上で解析することで効率的に活用し、農業技術の発展に貢献する。

  • 株式会社マクアケ

    手間から解放されるIoTメジャー
    「hakaruno」 他

    株式会社マクアケ

    数値の記憶や転記の手間から解放される富士通製のIoTメジャー「hakaruno(ハカルノ)」をはじめ、マクアケで誕生した商品を展示いたします。

  • クリエイティブテクノロジーLAB

    静電気で吸着!
    ESC BIO-SONAR

    静電気で吸着!ESC BIO-SONAR

    静電気の力で吸着し、取り外しが自由自在にできる、新しいウェアラブルセンサーユニットです。独自開発の柔軟な高誘電体シートを使用し、自由に変形できるため、凹凸のある腕や胸などに、自在につけることが出来ます。様々なセンサーとの組みあわせは勿論、植物や果物にも吸着させることができ、多様な使い方が可能です。

  • ITD Lab 株式会社

    世界最高峰
    4K-CMOS 自動補正付き ステレオカメラ

    世界最高峰4K-CMOS 自動補正付き ステレオカメラ

    アイサイト生みの親である實吉氏が、ステカメ普及の鍵であったメンテナンスの煩わしさをリアルタイム自動調整機能により解決。
    独自開発の高精度な3次元測定技術とAIを用いた、物体検知ソフトにより、他を圧倒する優位性を持ちます。
    モビリティの自動化、ロボットの目など、新たな市場へ向けたセンサーシステムです。

  • SENQ

    スポーツにおける
    インテリジェントプラットフォーム

    スポーツにおけるインテリジェントプラットフォーム

    高精度測位に対応したウェアラブルデバイスから、アスリートのパフォーマンスをリアルタイムに分析することで、監督やコーチの意思決定をサポートします。ビデオ分析を含めた戦術立案サービスを提供していくことで、SENQはスポーツエンターテインメントを含めたインテリジェントプラットフォームを実現します。

  • 株式会社toyou

    ロブセンス

    ロブセンス

    脳温と相関性のある耳垂温と環境温度・湿度をクラウド上でAI解析し、個人ごとに異なる暑熱耐性を視覚化、熱中症対策を行えるセンサー。管理者へのアラートメール通知機能やリアルタイムで複数人の状態をWEB上で確認可能。労働者やスポーツ選手など暑熱環境での活動を行う場合の危機管理として。

  • 合同会社サウザンズマイルズ

    身体情報を取得するゲーム機

    合同会社サウザンズマイルズ

    人体モデルと身体情報を記録することができるゲーム機。
    プレイヤーは基本情報を入力してゲーム機に触れることで身体情報をゲーム機に送り込む。送られた身体情報はゲームソフトのキャラクターの体の大きさやステータスに反映され、プレイヤーの変化に伴ってキャラクターも変化していく。

  • アースエンジニアリング株式会社

    メイドインジャパンが誇る
    水素を含む蒸気を作り出すスイソニア。

    メイドインジャパンが誇る水素を含む蒸気を作り出すスイソニア。

    世界初の『過熱蒸気還元法』を用いており還元作用の強い適正濃度の水素を含む蒸気を作り出す医療機器です。
    スイソニアは添加物を摂取する機会の多い食生活、激しい運動による細胞のダメージ、加齢によるカラダの変化・・・スイソニアは新しい「カラダ・メンテナンス」の習慣です。

CONCEPT

コンセプトコンセプト

JAPAN TECH PROJECT は最先端テクノロジーをもつ日本企業が、世界の舞台CES(旧:Consumer Electronics Show)へ立つことをサポートする取り組みです。世界中でテクノロジーが急速に発展している現代において、世界最大規模の展示会で「何が起き、何が評価され、どんな未来が創られているのか?」、そして「日本企業は世界を相手に何ができ、どんな価値を提案できるのか?」…、遥か海の向こうで起きていることにリアルに触れられる機会は滅多にありません。JAPAN TECH PROJECTは、出展だけでなく、展示企画・PR活動・ビジネスチャンス創出までトータルでサポートすることによって、世界で闘うためのハードルを越えることを目指しています。この取り組みから、テクノロジーの未来を担う日本企業が生まれることを願っています。

ブースイメージ

※CES2019のブースです

CES大使 カレン・チャプカ氏から
JAPAN TECH PROJECTへの期待の声
Greetings to Japanese Innovators from CTA!
CES is the world’s gathering place for all who thrive on the business of consumer technology, welcoming exhibitors, buyers, investors, and business leaders from around the world each year.
We are happy and excited to welcome Creative Vision to CES 2018, bringing together a collective of Japanese technologies and innovations to CES for the first time.
We look forward to welcoming you to CES 2018, and seeing all the innovative ideas and technologies showcased by the country of Japan. Signature
Karen Chupka
Sr. Vice President, CES and Corporate Business Strategy
Consumer Technology Association
CTA より日本のイノベーターの皆様へ
CESとは コンシューマーテクノロジーのビジネスを通じて、毎年、世界中の出展者、バイヤー、投資家やビジネスリーダ-達が一同に集まる場所です。
私達は2018年のCESでCreative Visionが、日本のテクノロジーやイノベーションを一つのテーマの元で、紹介されるという初めての試みをとてもワクワクし、楽しみにしています。
日本が誇るイノべーティブなアイデアや技術が世界へ羽ばたく場所、CES2018は皆様をお迎えできることを心から嬉しく思います。 署名
カレン・チャプカ
シニアバイスプレジデント CES & コーポレートビジネスストラテジー
コンシューマー テクノロジー アソシエーション

カレン・チャプカ

team JAPAN TECH PROJECT

team JAPAN TECHteam JAPAN TECH

本プロジェクトを立ち上げ、
企画運営する共同チームです。

  • CES
  • CREATIVE VISION
  • DAIKO
  • filament
  • Facebook
  • Twitter